バンライフ + CYCLE TRIP

バンライフ + CYCLE TRIP

GORDON MILLER NV200に自転車を積んで、アクティブな旅に出かけよう。

旅の相棒は愛車だけとは限らない。見知らぬ風景を訪ねるとき、クルマでアクセスできないエリアも巡れる自転車があれば、旅はもっと楽しく、奥深いものになる。GORDON MILLERとPAPERSKYがコラボレートする「バンライフ+サイクルトリップ」は、これからの時代にフィットするアクティブな旅の提案だ。

伊那谷の向こうに雲に隠れた中央アルプスを望む。

最近、サイクリストの間では南信州に位置する「伊那谷」が話題らしい。伊那谷は長野県南部を流れる天竜川に沿って延びる盆地一体を指す。西を中央アルプス、東を南アルプスに挟まれた盆地は山岳に根付いたカルチャーと素晴らしい眺望、適度なアップダウンに恵まれており、自転車でのトレイルライドやグラベルライド、トレッキング、トレイルランニング、渓流釣りなど種々のアウトドア。「アクティビティの愛好家に愛されている。そんな伊那谷にここ2、3年、自転車のビッグムーブメントが訪れている。このエリアに注目のバイクパークがオープン、自分たちが走るためのトレイルを整備しながら次世代のために保全しようという団体も現れた。自転車に乗らずとも、独自の審美眼をもつクリエイターたちがアップデートしている、豊かな里山暮らしが注目を集めているのだ。

GORDON MILLER NV200(GMLVAN C-01)のサイクルキャリアにバイクを積んで。バイクはCLAMPオリジナルブランドの「C by CLAMP」から、グラベルフレームの「CG」。

南信のアウトドア&バイクシーンを牽引する「CLAMP」と、店主の武村さん(左)。

そんな伊那谷でバンライフ + サイクルトリップを楽しんでみようと、ルーフキャリアに自転車を積んだGORDON MILLER NV200で長野県伊那市へ向かった。エリアを案内してくれるのは、この地の自転車ムーブメントを牽引するバイク&アウトドアショップ「CLAMP」を営む武村信宏さん。自身もスキーとマウンテンバイクでバックカントリーを駆け回るのが大好きというアウトドアマンで、10年間のショップオープン以来、伊那谷に山の遊び方を広げようと地道な努力を重ねてきた。そうやって撒いてきた種がここ2、3年で一気に芽吹いたのだとか。

「GLOP Ante.」のコースをオリジナルのマウンテンバイク「CM」で走る。

はじめに案内してくれたのは、「CLAMP」ともゆかりのあるマウンテンバイクパーク「GLOP Ante.」。マウンテンバイクビギナーから上級者までが技術を習得することにフォーカスしたスキルアップパークで、日本のマウンテンバイク界を代表するトップライダーたちがコースの監修・造成に関わっている。そのなかには、中学生の時から「CLAMP」に出入りしていたという若手ダウンヒルライダーの立田直人さんが加わっているというから、「CLAMP」が撒いた種の結実と言えるだろう。

荷室をフルフラットにしてくつろぎ仕様に。ドライブの合間に昼寝をしたり、リラックスして過ごしたり。カスタムしたウッディなGORDON MILLER NV200ならではの過ごし方だ。

クルマを停めて基地を作る。ハンモックでコーヒーを飲んだり、周囲のサイクリングに出かけたり、思い思いの遊び方ができるのもバンライフの魅力。

車中の食事は、伊那の素材を真空パックの料理に仕立てた「信州伊那谷真空ごはん」。湯煎で本格的な食事が楽しめる、アウトドアの頼もしい味方だ。季節によって素材が変わるので、メニューは随時、変更になる。

車中の食事は、伊那の素材を真空パックの料理に仕立てた「信州伊那谷真空ごはん」。湯煎で本格的な食事が楽しめる、アウトドアの頼もしい味方だ。季節によって素材が変わるので、メニューは随時、変更になる。

「CLAMP」のある伊那の中心部から南アルプス方面へ斜面を登っていくと、ヨーロッパのどこかの国のオーベルジュを思わせる素敵な山小屋が現れる。ヨーロッパの郷土料理を提供するレストラン「le petit marche」と宿泊できるコテージ「mokki」を営む大竹愛郁さんは、武村さんとは自転車&釣り仲間。自ら手を動かすことが大好きで、山の遊びから畑、狩猟、釣り、大工仕事にも長けているのだから、伊那谷のソローのような人物だ。
こちらでは、標高およそ1000mの森の中で栽培した野菜やハーブ、清流でとれた鮎など、地元の素材をふんだんに使った滋味深い料理をいただく。テーブルに並んだのは、絶品の「鶏もも肉とカシューナッツのテリーヌ」、他ではなかなかお目にかかれない「ブランボラーク(チェコ風ジャガイモのパンケーキ)と生ハム」、今の季節にぴったりの「冷製仕立てのアユのコンフィ」、鶏の旨味を吸ったおこげがたまらない「手羽元のパエリア」……などなど。春には山菜、秋にはキノコといった季節のお楽しみもあるらしい。

料理に合わせたのは、地元産リンゴで造った「カモシカシードル」のシードルだ。もともと果実酒の醸造に優れていた長野県では近年、シードルに注目が集まっている。伊那市にあるシードルリー「カモシカシードル」は手間ひまのかかるシャンパーニュ製法(炭酸ガスを添加するのではなく、瓶内で二次発酵させることで繊細な泡を生成する製法)を採用している。「豚肉を使ったグリル料理にぴったりですし、BBQにもおすすめ。シードルは意外とどんな料理にも合わせやすいんですよ」と「カモシカシードル」の入倉浩平さん。現在はブルーベリーやカシスを使ったフレーバードシードルの開発を進めており、この秋からはコニャック地方から持ち込んだ蒸留器を使ってのアップルブランデーの仕込みを始める予定だとか。

適度なアップダウンと未舗装道が楽しめる伊那市周辺はグラベルバイクに最適。

辰野町で整備 & ライドを行なっている「Forest Trails」。活動には中学生から60代まで幅広い年齢層が参加している。

最後に向かったのは、伊那谷の最北端に位置する辰野町。ここでは荒れ果てた里山を整備して自分たちが遊べるフィールドに育てるという試みが始まっている。活動を行うのは、近隣のマウンテンバイク乗り有志が集まる「Forest Trails」という任意団体だ。「月に一度、山主さんから許可をいただいたエリアのヤブ払いや間伐を行ない、整備したトレイルをライドしています」というのは、立ち上げメンバーの一人、竹内元祥さん。間伐材を自分たちの手で薪にして販売するほか、地元の製材所で建材として加工したり、原木椎茸を栽培したり、森の恵みを活用することで、人と自然がよりよい形で共存できる仕組みを探っている。こうした活動が認められ、いまでは地元コミュニティから間伐や環境整備を請われるようになったそう。整備して遊ぶという新しいスタイルは、ここからさらに広がっていきそうだ。
「二つのアルプスに挟まれた伊那谷はさまざまな遊びに適したフィールドに恵まれているだけでなく、南北に細長いフィールドのなかで横のつながりも機能しています。そうしたつながりを『CLAMP』がまとめていることで、自転車文化の下地が根付いてきたのではないでしょうか」(「Forest Trails」の赤羽紀昭さん)

そんな風に懐の深い伊那谷だから、バンライフもサイクルトリップもシームレスに楽しめる。自転車にハンモック、アウトドアのコーヒーセットに……外遊びを満喫できる道具を積み込んで、自分だけの風景を探しに出かけてみよう。


CLAMP 伊那
長野県伊那市山寺249-1
0265-96-0109

GLOP Ante.
長野県伊那市横山7227-1412
050-3033-3819

le petit marche
長野県伊那市富県1777-557
0265-96-0657

信州伊那谷真空ごはん

カモシカシードル
長野県伊那市横山10955-14
0265-73-0580

Forest Trails


ABOUT : PAPERSKY

日本列島を「地球の地方」ととらえ、ローカルな視点で日本を発信。この土地のユニークな自然や文化を見いだし、保存し、新たな価値を創造する日英バイリンガルのメディアです。


GORDON MILLER NV200(GMLVAN C-01)のおすすめポイント

ニッサン工場出荷の別注オリジナルカラー

ニッサン協力の元、GORDON MILLERオリジナルカラーを車両工場で純正色として塗装。だから塗装面は純正基準のクオリティ。このカラーが買えるのはGORDON MILLERだけです。

ウッドの内装

天井とサイドパネル、フロアボードにアカシアを使用し車の中であることを忘れさせてくれるような内装。床材は塩ビの床シートを使用しているので、濡れたものを積みこんでも腐らず掃除も楽。

関連記事

2022.04.23(SAT)

2022.04.27(WED)

2022.07.05(TUE)

2022.08.18(THU)

2022.06.08(WED)

2022.10.27(WED)

収納用品

コーデュラ素材シリーズ

カーアクセサリー

積載用品

洗車用品

アパレル/小物

SHOP LIST

横浜市西区みなとみらい2-2-1
ランドマークプラザ 2F
MON-SUN/11:00∼20:00
Tel.045-662-6678

横浜市神奈川区金港町1-10
ベイクォーター 3F
横浜市西区みなとみらい2-2-1
MON-SUN/11:00∼20:00
Tel.045-450-2188

愛知県名古屋市港区港明2-3-2
ららぽーと名古屋
みなとアクルス 1F
MON-SUN/10:00∼21:00
Tel.052-651-7773

東京都町田市鶴間3-4-1
グランベリーパーク
MON-SUN/10:00∼20:00
Tel.042-796-0101

Gordon millerGordon miller motorsVanlife