ARTA CVSTOSが提案する春先最旬コーディネート Vol.2

ARTA CVSTOSが提案する春先最旬コーディネート Vol.2

穏やかな晴天とともに過ごしやすい気温が続き、春本番の暖かさを感じる今日この頃。今回は心機一転、新たな年度を迎えるビジネスシーンでの使いまわしにも便利なアイテムを中心に、ARTA CVSTOSを使用した春物最旬コーディネートをご紹介いたします。

■明るめレザーを取り入れたコンサバスタイル


ビジネスカジュアルから休日コーデまで幅広い着こなしが可能なジャケットパンツスタイル。若々しさとトラディショナルな雰囲気を併せ持つネイビーカラーのセットアップは、1セット持っておけばシーズン問わず重宝します。

例えば春先のカジュアルデートなら、こんなコーディネート。ダークトーンのインナーに対して、明るめで上質感のあるレザー小物を合わせることで、シックな印象はそのままにグッと春らしく仕上がります。派手過ぎず、決め過ぎないシンプルな組み合わせなので着こなしも簡単なうえ、清潔感と大人の余裕を感じさせる好印象なスタイルです。

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out


■ドレス感を内包した休日スポカジスタイル

 

晴れの週末。家族を連れてお花見がてら公園でアクティブに休日を楽しむ、といったシーンでは着心地が良くて動きやすい恰好が一番。とはいえ、あまりにもラフな服装やTPOにそぐわないスタイルだと、子供から「パパださい。」なんて言われかねません・・・。

こちらは清潔感際立つ白シャツジャケットを主役に、リラックスした履き心地のストレッチパンツとスポーティなキャップ、スニーカーを組み合わせたスタイル。ネイビー×ホワイトの王道カラーコンビネーションを用いた気取らないシンプルコーデでも、個々に上質感のあるアイテムによって洗練された雰囲気を醸し出します。

 

Sold out
Sold out
Sold out


■ブラックワントーンはポイントを抑えてスマートに

 

抜群の着回し力でメンズコーデの鉄板カラーともいえるブラックのジャケパンスタイル。ただしインナーも含めたワントーンで構成する場合は、有彩色と異なり濃淡でメリハリが付けづらいため、コーデ全体が単調に見えないように着こなしに工夫が必要です。

こちらのコーデでは足元にホワイトのシューズをチョイス。どこかに差し色となるアイテムを1点投入するだけで、単調なイメージを回避できます。また、同じブラックでもインナーや小物に素材感やニュアンスの異なるものを取り入れることで、ワントーンコーデに抑揚をもたらし奥行を感じさせるコーデとなります。

 

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out

Related Posts

関連記事

ARTA CVSTOSが提案する春先最旬コーディネート Vol.1

ARTA CVSTOSが展開する2023年春夏のビッグトレンド「デニム」アイテム

Related Products

関連商品

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Arta